東洋医学における不妊症

東洋医学における不妊症

  • 『冷え』は万病のもと

    中国の古代医学書においても『不妊症の原因は、瘀血(おけつ)によるもの』と記されています。

    瘀血とは血液の流れが悪くなり、新鮮さを失った血液のことをいいます。

    瘀血が引き起こす症状はさまざまです。
    頭痛・肩こり・関節の痛み、便秘や内臓機能の低下、生理痛や生理不順など女性特有の婦人科系疾患、肌荒れ・くすみやむくみなどキリがありません。

    瘀血が冷えの原因になることもあれば、冷えることで瘀血を引き起こすこともあります。

    『冷え』が不妊の大敵であることは、ご存じの方も多いかと思います。
    実際、来院される女性の患者さまも半数以上が冷えを自覚しています。

    たとえばカラダが冷えたとき、脳は生命を守るためにまず心臓や腎臓に血液を優先的に送ろうとします。
    子宮は、生命維持の働きとしては優先順位が低いので血液が送られる優先度も低く、カラダが冷えはじめると卵巣や子宮への血液の流れが悪くなり、機能を低下させてしまいます。

    私たちは肌寒く感じたときにはカラダを動かして温めることができますが、内臓は冷えても自分で動くことができません。


    西洋医学には『冷え』という概念がないため治療方法も確立しておらず、器質的要因がなければ原因不明の不妊と診断されてしまいます。

    しかし東洋では、レントゲンや血液検査のない時代から独自の治療法で血液のめぐりや体質を改善し、心身のバランスをととのえて妊娠しやすいカラダづくりをしてきました。

    病んでいる一部分だけを診るのではなく、一人ひとりの患者さまにあわせて最善となる体質改善治療が決められる点こそが東洋医学の大きな強みと言えます。

  • バランスをととのえる

    東洋医学では「カラダは全体が複雑につながり合い、ひとつひとつの臓器や組織は、独立したものではなく互いに連絡を取りあいながら健康を維持している」と考えます。

    そのため、一部分を診るのではなくカラダ全体と向き合います。


東洋医学における人の健康とは、「気・血・水」の三大要素で成り立つと考えられています。

『気』…生命エネルギー。カラダのすべての活動力を与える働きをします。
『血』…血液の働き。飲食物から取り入れた栄養分からつくられ、カラダ全体に栄養と潤いをあたえて生命活動を支えます。
『水』…血液以外の組織液。全身をめぐり、老廃物などを排出する働きがあります。

これら気・血・水が多すぎても少なすぎてもいけません。

バランスよく満たされて滞りなくスムーズに全身をめぐり、健康な心身という土台をととのえることが妊娠しやすいカラダづくりの第一歩ともいえるでしょう。


漢方医学では、内臓を五臓六腑に分け、五臓とは『肝・心・脾・肺・腎』を指し、六腑とは『胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦』を指します。

この五臓六腑の中で、月経や妊娠、出産といった女性の生殖機能には『肝』『脾』『腎』の働きが深くかかわっていると考えています。

  • 「肝」は単に肝臓を指しているわけではなく、血液を貯蔵したり、精神や情志活動、消化、血行や代謝の機能をコントロールする働きの総称です。
    この肝の働きによってカラダ全体の血液のめぐりも順調に保たれ、子宮や卵巣はもちろん各臓器や器官に栄養が行きわたり、感情も安定します。
    また、肝は気の流れも調節しています。

    精神的ストレスなどの感情の乱れによって気血がスムーズに流れなくなってしまい、女性では子宮や卵巣が栄養を得られない、男性では腎精の生化や運行が失調(いわゆる精子不足)して、不妊をきたす状態となります。

    気の流れが悪くなることでイライラしたり、顔が赤くなったりします。
    ほかにも肩こり、不眠、頭痛やめまい、目の充血、胸脇や乳房の張痛、梅核気(梅の実のようなものがノドにかかっているように感じる不快感)など、カラダの上部の症状としてあらわれることが多くあります。

  • 「脾」は胃と密接な関係にあり、消化吸収からエネルギー生成に相当し、気血をつくる源になります。

    脾胃から吸収されたエネルギーによって子宮や卵巣のはたらきが維持されて質の良い卵も形成されます。

    毎日いくら食事をしっかり摂っていたとしても、脾胃の機能が低下していれば生命の維持に必要なエネルギーが足りなくなってしまうことになります。

    もしも受精から着床までうまくいったとしても、子宮や内膜におくる栄養が足りなければ妊娠は成立しません。

    脂っこいもの・味の濃いもの・甘いものの食べすぎなどで脾胃の機能が低下してしまい、むくみやすい、膝から下が冷えやすい、食べたあとお腹が張ってしまう、口内炎ができやすい、どちらかというと軟便ぎみなどの症状としてあらわれやすいです。

  • 「腎」は単に腎臓を指しているわけではなく、生命エネルギーの源とされ、水分の調整、成長や発育、内分泌、生殖などの働きを含めた総称です。

    古典では、人間の一生における肉体の変化は、「腎気の盛衰」によると考えられています。

    また、妊娠と関係が深い月経に対する考え方も古典には記載されています。

    腎の機能が低下すると、ホルモンバランスの乱れ、精子不育、生理不順な不妊症、老化現象や生殖機能にも影響します。

    その結果、四肢の冷えやのぼせ、めまい、寒がる、元気がない、膝や腰のだるさ、夜間頻尿、性欲の減退、月経周期の延長、無月経などの症状があらわれます。

<< 不妊治療                          当院の不妊治療について >>


《完全予約制》 今すぐお電話を!
0524147867
                       ※ スマホの方は上の電話番号をタップしてください。